飛鳥資料館
奈良県高市郡明日香村奥山601
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

飛鳥資料館は、「飛鳥」の歴史と文化を紹介する資料館です。飛鳥の文化財を調査・研究する奈良文化財研究所の展示施設で、昭和50(1975)年に開館しました。古代国家誕生の地・飛鳥は、592年に推古天皇が豊浦宮に即位してから、694年に藤原京に遷都するまでの約100年間、天皇の宮殿が継続的に営まれ、政治文化の中心地として栄えました。飛鳥資料館の展示室では、飛鳥寺跡や川原寺跡からみつかった華麗な装飾品や、時を告げる水時計(漏刻)、須弥山石などの石造物、高松塚古墳の出土品、倒れた姿のまま発見された山田寺の東回廊の建築など、飛鳥時代の歴史と文化を、わかりやすく展示しています。

写真をもっと見る

イベント情報

  • 秋期特別展「高松塚古墳を掘る-解明された築造方法-
    2017年10月6日 ~ 2017年12月3日

    壁画の劣化が社会問題となり、高松塚古墳の石室解体事業が行われてから10年。 石室解体事業にともなう発掘調査は、文化庁の委託を受けた奈良文化財研究所が奈良県立橿原考古学研究所・明日香村教育委員会とともに実施しました。この…

    イベントの詳細はこちらから

    高松塚古墳 墳丘断面 (C)奈良文化財研究所

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 飛鳥資料館
ホームページ http://www.nabunken.go.jp/asuka/
住所 奈良県高市郡明日香村奥山601
問い合わせ 0744-54-3561
料金 【個人】
一般270円、大学生130円 

【団体(20人以上)】
一般170円、大学生60円

※高校生及び18歳未満、65歳以上は無料(年齢のわかるものが必要です)
※障がい者の方とその介護者各1名は無料(手帳の提示が必要です)
営業時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日 月曜日(祝日と重なれば翌平日)、12月26日~1月3日
交通 電 車:
 近鉄橿原神宮前駅、飛鳥駅から「かめバス(周遊)」で飛鳥資料館下車
 JR・近鉄桜井駅から石舞台行バスで飛鳥資料館下車

自動車:
 南阪奈自動車道 葛城ICから高田バイパス経由約30分
 西名阪自動車道 天理ICから約40分
 京名和自動車道 郡山ICから約35分
駐車場 料金:無料
台数:11台
※大型バスは、当館向の私営有料駐車場をご利用下さい
その他 ・ベビーカーの貸出し:有(無料)
・車椅子の貸出し:有(無料)
・お弁当の持込:館内のみ不可
・ペットの入場:不可(ただし、盲導犬、介助犬は可)
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り