NIFREL(ニフレル)
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

NIFREL(ニフレル)は水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力を直感的により身近に楽しめる工夫を凝らした施設です。コンセプトは「感性にふれる」。地球が育む多様ないのちと個性のつながりをテーマに、「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのゾーンで表現。生きものたちと、今までにない造形物、照明、映像、音楽が融合する空間展示で、子どもはもちろん大人の感性も刺激し、心を豊かにします。

写真をもっと見る

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 NIFREL(ニフレル)
ホームページ http://www.nifrel.jp/
住所 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
問い合わせ
料金 【入館料金】
大人(16歳以上)・高校生1,900円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
営業時間 10:00~20:00(最終入館は19:00)
※季節により時間が変更になる場合があります
定休日 年中無休
※年に1回設備定期点検のための臨時休業があります
交通 大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩2分
駐車場
その他
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

口コミ

  • coni さんからの口コミ

    おでかけ日:2017年5月

    入ると最初は暗闇にライトアップされた円柱状の水槽が並ぶエリアで、海月やアンモナイトの子孫が綺麗。
    次のエリアは名前の由来でもある魚「に触れる」ことができるので子供達が大喜び。
    進むと暗くてでかい空間に球体のスクリーン。1階からも2階からも360°全方向から地球や生き物の姿を見れる。
    次はトラ模様のエイなど変わった生き物コーナー。
    広いエリアに出ると、ホワイトタイガーの餌付けタイム。エサを各所に置いてくれるので、ガラス檻を出て金網通路の骨付き肉を至近距離の頭上でバリボリ食うのは恐ろしい。
    最後のは優しい動物達の放し飼いエリアで、陸亀は良いが/でっかいペリカンが人間と同じ通路をドカドカ歩いてくるのはちょと怖い。檻替わりのでかい水槽にはビーバーが居るって直ぐに判るオブジェも。
    小さな子供には触れたり/身近で見れる良い機会かも。

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り