白鶴美術館
兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-1-1
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

白鶴美術館は昭和9(1934)年開館しました。住吉川沿いの山手に建つ本館。その青銅の屋根は遠方からも目を惹きます。所蔵品は、白鶴酒造七代嘉納治兵衛(1862~1951)が蒐集した中国の古代青銅器・銀器・鏡・陶磁器、仏教美術品や絵画などの東洋古美術品(国宝2件、重要文化財22件)です。これらを社会のために公開したいという蒐集家自らの強い想いにより白鶴美術館が設立され、以来展示活動が続いています。1995年には60周年の記念事業として、中東絨毯を収蔵する新館が開館しました。どちらも開館期間は春・秋の年2回。約3か月間にわたり、テーマに沿って所蔵品を展示しています。

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 白鶴美術館
ホームページ http://www.hakutsuru-museum.org/
住所 兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-1-1
問い合わせ 078-851-6001
料金 【入館料】
大人800円、65歳以上・大学・高校生500円、中・小学生250円
営業時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日 月曜日
※春季展、秋季展の開催中のみ開館
交通 電 車:
 阪急御影駅から徒歩約15分

自動車:
 阪神高速道路3号神戸線 魚崎出口から約1.5km
駐車場 料金:無料
その他
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り