清水三年坂美術館
京都府京都市左京区下鴨本町清水寺門前産寧坂北入ル清水三丁目337-1
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

幕末・明治期に作られた金工、七宝、蒔絵、彫刻、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館として2000年に開館。宮内省(現在の宮内庁)はじめ、国内の数寄者向けに作られた洗練された美しさを持つ一級品、また明治以降、欧米諸国に大量に流出した美術工芸品の中でも特に細密華麗な名品の数々を展示する。館長の村田理如が20年余に渡って買い戻しに尽力した収蔵品は質量ともに世界屈指を誇る。3ヶ月ごとにテーマを決めた企画展示も行っている。

イベント情報

  • 帝室技芸員の仕事〈金工編〉
    2017年2月18日 ~ 2017年5月14日

     明治時代、金工、七宝、蒔絵などの優れた美術工芸品は、開国間もない日本にとって、文化レベルの高さや国力を世界に示す重要な産業であった。こうした優れた工芸技術を帝室の保護のもとに継承、発展させるために設けられたのが帝室技…

    イベントの詳細はこちらから

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 清水三年坂美術館
ホームページ http://www.sannenzaka-museum.co.jp/
住所 京都府京都市左京区下鴨本町清水寺門前産寧坂北入ル清水三丁目337-1
問い合わせ 075-532-4270
料金 一般800円、大・高・中学生500円
営業時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
定休日 月・火曜日(祝日開館)、展示替期間、年末年始
交通 電 車:JR・近鉄京都駅より市バス100、206号系統、
    京阪祇園四条駅より市バス207号系統、京阪バス、  
    「清水道」下車、徒歩約7分
駐車場 駐車場はございません
周辺の有料駐車場をご利用ください
※尚、三年坂は土・日・休日の10:00~17:00の間、
 車両通行禁止となりますのでご注意ください
その他 ・ベビーカーの貸出し:無
・車椅子の貸出し:無
・お弁当の持込:不可
・ペットの入場:不可
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

口コミ

  • 2014年1月までの投稿(旧サイトからの移行) さんからの口コミ

    おでかけ日:2014年1月

    ■三年坂は見せるお店が多く、通り全体が美術館のような雰囲気がありますので、それだけで楽しいですが、三年坂美術館は、ここの雰囲気に溶け込む小ぶりで美しい作品を沢山展示されていて、京都らしさが満喫できます。特に並河靖之の常備展は何度見ても素晴らしいなと思います。 2012/10

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り