千葉県立中央博物館
千葉県千葉市中央区青葉町955-2
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

千葉市の中心部、広大な青葉の森公園の中にある総合博物館。「房総の自然と歴史、人間とのかかわり」をテーマに6つの常設展示で紹介しています。 房総に生息したナウマンゾウの化石やクジラの骨格標本、清澄山の照葉樹林や東京湾の干潟、江戸時代の成田山新勝寺の町並みの詳細なジオラマなどが展示されている。週末を中心に、様々な講座を開催している。また、屋外には房総の代表的な自然を再現した「生態園」を併設、散策しながら動物や植物を観察することが出来る。入口のオリエンテーションハウスでは、研究員から自然観察のレクチャーを受ける事が出来る。園内には、沢山の水鳥が生息する舟田池があり、池のほとりには望遠鏡を備えた野鳥観察舎が設けられて、憩いの場となっている。

写真をもっと見る

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 千葉県立中央博物館
ホームページ http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955-2
問い合わせ 043-265-3111
料金 【常設展示】一般300(240)円、高校生・大学生150(120)円
※( )内は20名以上の団体割引料金です
※65歳以上及び中学生以下は無料です
※企画展開催中は特別料金が設定されます
 このほか、お得な年間パスポートもあります
詳しくは直接博物館にお問い合わせください
営業時間 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
定休日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌平日が休館となります)
年末年始(12月28日~1月4日)
このほか、資料等のメンテナンスのため臨時に休館する場合があります
交通 電 車:
 千葉駅(JR総武線・京成線)東口バスターミナル7番乗り場から
 京成バス「大学病院」「南矢作」行きで約15分
 「中央博物館」バス停下車徒歩7分
 千葉駅(JR総武線・京成線)東口バスターミナル6番乗り場から
 千葉シティバス「川戸都苑」行きで約15分、「中央博物館」バス停下車徒歩7分
 千葉駅(JR総武線・京成線)東口バスターミナル2番乗り場から
 蘇我駅(JR京葉線・内房線・外房線)東口2番乗り場から
 小湊鉄道バス・千葉中央バス「大学病院」行きで約15分
 「中央博物館」バス停下車徒歩6分
 千葉寺駅(京成千原線)下車徒歩約20分(蘇我駅からのバスは千葉寺駅を経由します)

自動車:
 京葉道路「松ヶ丘」ICから約5分
駐車場 専用駐車場はありませんが、隣接地に「青葉の森公園」の駐車場があります

公園には3か所の駐車場がありますが、中央博物館へは「北口駐車場」をご利用ください
料金:普通車 4時間まで300円、4時間を超え8時間まで600円、以降1時間ごとに100円増
   大型車・中型車:1日1回につき2,400円
   ※なお、駐車料金の割引はありません
台数:普通車127台(身障者用2台分含む)、大型車8台
時間:午前6時~午後10時
その他 ・ベビーカーの貸出:有(5台、無料)
・車椅子の貸出:有(4台、無料)
・弁当の持ち込み:展示室内は不可(可能スペースあり)
・ペットの入場:不可(ただし盲導犬・介助犬は可)
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

口コミ

  • 2014年1月までの投稿(旧サイトからの移行) さんからの口コミ

    おでかけ日:2014年1月

    ■地元の博物館なのですが、企画展がとても興味深いものを行い、考えられている点です。『青葉の森公園』もすぐそばで゜、ピクニック気分で出かけられ、親子連れでいくにはとてもよいです。 2013/01         

  便利な弊社SNSはこちらから

  関東の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り