• 関東TOPページ
  • 関東のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2017年06月28日)

関東のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2017年06月28日)

都道府県で絞り込む

  • 資料公開コーナー「あの頃の都市と農村の暮らし~アマチュアカメラマンがとらえた人びと~」

    【開催日】 2017年6月27日 ~ 2017年8月27日

    【開催場所】 昭和館

    長野県小県郡浦里村(現・上田市)の郵便局長であった渡辺豊貞氏が昭和10年~17年にかけて撮影した地元浦里村と東京の人びとの様子を紹介します。

    詳しくはこちら

  • 第30回「花の会」茨城作品展

    【開催日】 2017年6月25日 ~ 2017年7月30日

    【開催場所】 水戸市植物公園

    会員一人ひとりが思い思いに撮った「花」「花のある風景」の作品を約50点展示。

    詳しくはこちら

  • 大相撲ってなんだろう? ~テレビに映るものごと~

    【開催日】 2017年6月20日 ~ 2017年8月10日

    【開催場所】 相撲博物館

     大きな力士が、廻し1つでぶつかり合う大相撲。近年、外国からの来場者も多く、相撲は世界中に知られるようになりました。また、会場で声援を贈るだけでなく、テレビで観戦している方も多いのではないでしょうか。  大相撲は、力士…

    詳しくはこちら

  • 第67回企画展 夏休み特集「いちずに一本道 いちずに一ツ事」

    【開催日】 2017年6月13日 ~ 2017年9月10日

    【開催場所】 相田みつを美術館

    相田みつをは「自分の言葉・自分の書」を生涯をかけて追求しました。振り返れば、いちずに一本の道を歩き通したように見える一生ですが、その道のりは、決して平坦なものではありません。書家としての苦悩、詩人としての煩悶(はんもん)…

    詳しくはこちら

  • 御用邸ガイドサービス(期間中の土日開催)

    【開催日】 2017年6月3日 ~ 2017年9月30日

    【開催場所】 日光田母沢御用邸記念公園

    当御用邸専属職員が邸内の詳しい解説を行いながらご案内いたします。 開催日 2017年6月~9月の土日 開催時間  午前10:30~11:30  午後14:30~15:30 料金  通常の入園料のみ 大人・高校生510円、小中学生250円 …

    詳しくはこちら

  • 桃色吐息

    【開催日】 2017年6月1日 ~ 2017年9月18日

    【開催場所】 マザー牧場

    ピンク色のお花畑に出かけませんか? マザー牧場の「花の谷」を鮮やかなピンク色に染める2万5千株の 桃色吐息は、南房総の園芸家 杉井明美さんと千葉大学との共同 研究で生まれたペチュニアの一種。 青空の下、南房総の山並み…

    詳しくはこちら

  • 17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展

    【開催日】 2017年5月27日 ~ 2017年9月2日

    【開催場所】 戸栗美術館

     「うつわを見る」時、何に注目されるでしょうか。何焼であるのか、何に使うものか、あるいは色や文様でしょうか。しかしこれらの他にも、やきものには実に多くの見所があるのです。同じ「古伊万里」でも、丸い皿もあれば四角い皿、花…

    詳しくはこちら

  • 館蔵 中国の工芸

    【開催日】 2017年5月23日 ~ 2017年9月23日

    【開催場所】 松岡美術館

    松岡美術館は、2017年5月23日(火)から9月23日(土・祝)まで「館蔵 中国の工芸」を開催いたします。 実用品でありながら、美を兼ね備えた工芸は古くから人々の生活に根づき、現代においても私たちを魅了し続けています。 中でも中国の…

    詳しくはこちら

  • 松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?

    【開催日】 2017年5月23日 ~ 2017年9月23日

    【開催場所】 松岡美術館

    松岡美術館は、2017年5月23日(火)から9月23日(土・祝)まで「松岡コレクション 印象派・新印象派 モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?」を開催いたします。   1874年フランス、後に「第1回印象派展」と呼ばれるグル…

    詳しくはこちら

  • 開館40周年記念Ⅱ 奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人

    【開催日】 2017年5月19日 ~ 2017年8月20日

    【開催場所】 ちひろ美術館・東京

    戦後の混乱期の子どもの本におびただしい数の絵を描きながら、日本の絵本の隆盛期を待たずに早逝した茂田井武。その画業は大切に受け継がれ、後に続く多くの画家たちにも影響を与えてきました。茂田井が亡くなった3年後に生まれ、今ま…

    茂田井武 『セロひきのゴーシュ』(福音館書店)より 1956年

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関東の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り