―― Dokka!おでかけ探検隊(関西版)は、関西エリアに関する最新のお出かけ情報、デートスポット情報、遊び場情報をお届けいたします ――

関西・近畿地方のお出かけ・デートスポット・遊び場情報

関西版ピックアップイベント

タケノコ祭り

公園内の竹林を活用したイベントとして、タケノコ掘り体験や焼きタケノコ試食、真竹切り体験を開催します。 開催日:2018年4月21日(土) ※雨天時は4月22日(日) 開催時間:10時~12時半 料金:1組(2~4人)500円 定員:先着3…

続きはこちら

【期間】 4月18日(水)オープン ※開花状況は各自ご確認下さい。

 但馬の春の風物詩となった「たんとうチューリップまつり」は1992年から毎年、豊岡市但東町畑山の「たんとう花公園」で開催され、100万本の色とりどりのチューリップ、300種類の見本園、「10万本のフラワーアート」等々が来園者を魅了しています。
 イベントのメインとなっているのは「10万本のフラワーアート」。10万本のチューリップを使って、畑一面にアートを描きます。今年は「ふらいんぐ玄さん」です。3世代で楽しめます。
----------------------------------------------------------------
◆会場 : たんとう花公園
◆開園時間 : 9:00~17:00
◆入園料 : 高校生以上700円、中学生以下無料

詳しくは公式ホームページでご確認ください

【期間】 ~6月10日(日) ※会期中展示替えあり

 太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。一口に戯画といっても多種多様なものがありますが、本展では「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。
 鳥羽絵は、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、その人気は近代にまで及びました。また、上方に留まらず、江戸の浮世絵などにも影響を与えています。鳥羽絵を洗練させたとされる大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」はもちろん、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎(ほくさい)」や「国芳(くによし)」、そしてその流れをくむ「暁斎(きょうさい)」など、時代や地域により変化しながらも、笑いの感覚は脈々と受け継がれてきました。
 本展では、そのような流れを追いつつ江戸時代の戯画のエッセンスをご覧いただきます。また、歌川国芳の「金魚づくし」シリーズ全9図がそろうのも見どころの一つです(前期のみ)。 笑いを文化として発展させてきた大阪の地で、多彩な笑いの世界をご紹介します。

詳しくは公式ホームページでご確認ください

イベント検索
  • 検索条件

    都道府県
    カテゴリー
    日程

    この条件で検索

  • 2018年4月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          
  • 2018年5月

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
アクセスランキング

都道府県別アクセスランキング

2018年4月20日更新

関西カテゴリー別アクセスランキング

2018年4月20日更新

sns
 LINE 【関西エリア】に限定したお出かけ情報
 Facebook 【関西エリア】に限定したお出かけ情報
 Twitter 全国のお出かけ情報
注目トピックス
(公式twitter)




  • 最近見た施設
  • お気に入り