兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」
兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(兵庫県立フラワーセンター内)
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

平成26年、加西市在住の美術品蒐集家、千石唯司氏よりコレクションの一部が寄贈されました。300面を超える古代中国鏡を中心として千石コレクションは、歴史的・美術的に高い価値を有し、世界的にも大変貴重なものです。兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」は、この貴重なコレクションを皆様にいつでも観覧していただけるよう、平成29年4月に兵庫県立フラワーセンター内に開館いたしました。奥深い古代鏡の世界に皆様をご案内いたします。

写真をもっと見る

イベント情報

  • 秋季企画展 唐建国1400年「唐王朝の彩りー宮廷の栄華をうつす金銀銅ー」
    2018年9月14日 ~ 2019年3月12日

    大唐王朝の都・長安から発見される金銀器は、絢爛たる貴族社会を背景に卓越した工芸技術と異国情緒豊かな感性が融合した「美の集積」です。 唐建国1400年を迎えた本年、唐文化の粋を集めた金銀器や銅鏡によって、遙かなる長安の繁栄と…

    イベントの詳細はこちらから

  • 冬季スポット展示 干支「亥」
    2019年1月2日 ~ 2019年3月12日

    ~新年の古代鏡展示館は「亥」が駆け巡る!~ 平成31年は亥年(いのししどし)です。干支が動物の姿として鏡背面の模様の一部になるのは隋・唐の時代から。それ以前の漢の時代には、鏡に干支が文字として登場し、図柄に方位を与えてい…

    イベントの詳細はこちらから

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」
ホームページ http://www.hyogo-koukohaku.jp/kodaikyou/
住所 兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(兵庫県立フラワーセンター内)
問い合わせ 0790-47-2212
料金 【観覧料】
一般100円、高校生以下無料
※別途フラワーセンター入園料(一般500円など)が必要
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
 フラワーセンター入園は16:00まで、退園は17:00まで
定休日 水曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12/28~1/1)12月下旬にメンテナンス休館あり
※兵庫県立フラワーセンターのチューリップまつり(3月下旬~4月下旬)、菊花展(10月中旬~11月下旬)開催期間中は無休
交通 電 車:
 JR姫路駅→神姫バス姫路バスターミナル→
 アスティアかさい(終点)下車→タクシー乗換→フラワーセンター正門前
 ※土・日・祝日のみフラワーセンター直通便運行

自動車:
 中国自動車道加西インターより南へ3㎞
 山陽自動車道加古川北インターより北へ9㎞
 加古川バイパス加古川西ランプより北へ17㎞
駐車場 料金:無料
台数:普通車331台、バス30台
その他
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り