特別展「五大浮世絵師展―歌麿・写楽・北斎・広重・国芳―」
開催日: 2019年4月20日 ~ 2019年6月16日
開催場所: 兵庫県立歴史博物館

喜多川歌麿「当世踊子揃 吉原雀」1793-94年頃

成熟した女性の色香の漂う美人画で一世を風靡した喜多川歌麿。強度なデフォルメで演技の一瞬を劇的に捉えた役者絵を発表した正体不明の東洲斎写楽。末期浮世絵に新風を吹き込んだ風景画の葛飾北斎と歌川広重。浮世絵が最も爛熟した黄金期、美人画・役者絵・風景画など様々なジャンルで人気を博した4大スターが活躍しました。
兵庫県立歴史博物館では、2011年の秋に彼らを取りあげた特別展「四大浮世絵師展 中右コレクション」を開催し好評を得ました。
今回は、画想の豊かさや斬新なデザイン力を持ち、奇想天外なアイデアや確実なデッサン力を兼ね備えて現在人気の高い歌川国芳を新たに加え、浮世絵の頂点を極めたこれら5人の絵師の展覧会を開催します。

開館時間:午前10時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:月曜日 ※4月29日(月・祝)と5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館
観覧料:大人1000円(800円)、大学生700円(550円)、高校生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
※障がい者及び70歳以上の方は半額、障がい者1人につき介護者1人は無料

詳しくは兵庫県立歴史博物館のホームページ(http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/)をご覧ください。

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り