帝室技芸員の仕事〈七宝編〉
開催日: 2019年5月25日 ~ 2019年8月18日
開催場所: 清水三年坂美術館

当館所蔵品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。
このたびの「七宝編」では、帝室技芸員の並河靖之と濤川惣助、および2人と同時代の職人たちによる名品を展示します。
帝室技芸員制度は、明治23年(1890)、日本の伝統的な美術工芸の技術を帝室の保護のもと継承・発展させることを目的として制定されました。技量と人柄の両面において優れた美術工芸家が「帝室技芸員」に任命され、彼らは技術の練磨と後進の育成につとめました。
並河靖之と濤川惣助はともに、明治29年(1896)に帝室技芸員に任命されています。
綿密な植線と優れた色彩感覚によって有線七宝を極めた並河靖之。無線七宝の技法を確立し、濃淡やぼかしなどの絵画的表現を可能にした濤川惣助。「2人のナミカワ」のそれぞれの持ち味が発揮された艶やかな七宝をはじめ、近代の名工たちによる美の極致をどうぞお楽しみください。

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り