ときたび展 -時を超えて、絵画で旅する日本の名所
開催日: 2019年5月18日 ~ 2019年7月21日
開催場所: 嵯峨嵐山文華館

嵯峨嵐山文華館があるここ嵐山にも、毎年たくさんの旅行者が訪れますが、 日本において 「旅」 が一般的になったのは江戸時代のことです。
各地の美しい景色は 「名所」 となり、 一般庶民がこぞって訪れました。

歌川広重が描いた 「東海道五十三次」 は東海道沿いの名所を斬新な切り口で描き、 爆発的な人気を博しました。本展覧会では五十三次を前期 ・ 後期に分けて一挙公開いたします。
他にも葛飾北斎 「墨堤三美人図」 、 江戸時代の京都の様子を描いた 「洛中洛外図屏風」 など、 人気の名所を描いた作品をご紹介。

さあ、 時をこえて、 名所めぐりの旅に出かけましょう!

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り