夢二のてしごと
開催日: 2019年10月26日 ~ 2020年1月13日
開催場所: 嵯峨嵐山文華館

竹久夢二(1884-1934)と聞いてみなさんはどのような作品を思い浮かべますか?
洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人をイメージする方が多いでしょう。
しかし、夢二の画業はそれだけにとどまりません。本の装丁、楽譜や雑誌の表紙・挿絵、さらには作詞も手掛けるマルチな才能の持ち主でした。使用した画材も、油彩、水彩、パステル、ペンなど多岐にわたります。

本展覧会では「セノオ楽譜」など貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を前期後期に分け、多数展示いたします。
初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」の世界をお楽しみください。

また、ワークショップや講演会など、イベントも予定しております。
ぜひお気軽にご参加ください。

詳しくはこちら
http://www.samac.jp/event/

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り