特別展 鋳物(いもの)・モダン-花を彩る銅のうつわ-
開催日: 2021年3月13日 ~ 2021年5月16日
開催場所: 住友コレクション 泉屋博古館

龍流足芙蓉薄端 栄清 富山大学芸術文化学部(大郷コレクション)

 東アジアにおける金属工芸は、実に3000年の歴史のなかで育まれてまいりました。その原点は中国古代青銅器にありますが、宋時代以降、中国でその模倣品(ホウ古銅器)制作が発達し、書斎を飾る銅花器や銅香炉、さらには銅仏具などが流行します。なかでも銅花器は文人の書斎を飾る道具として珍重され、やがて単なる模倣の域を超越し、当時の金属工芸品としての地位を確立します。日本にも室町時代以降多くもたらされ、茶道、香道、華道の隆盛とともに「唐物」として大切に扱われました。江戸時代になると中国銅器を模した銅製品が多く制作され、その伝統は近代へと受け継がれました。
 本展覧会では、泉屋博古館収蔵の中国古代青銅器とそれを模した中国近世ホウ古銅器を銅花器の源流として紹介した上で、富山大学芸術文化学部工芸史・工芸技術史研究室所蔵の大郷コレクションを中心に、多彩な発展を遂げた日本近代の銅花器の数々を陳列します。なかでも高岡を代表する作家・須賀松園については初代(1863~1935)、二代(1898~1979)、三代(1925~2006)にわたる軌跡を追いながら、近代銅器の精緻な美しさをお伝えしたいと思います。また、ロウ原型なども併せて陳列し、身近に接する機会が少ないロウ型鋳造技法をわかりやすくご紹介します。

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り