特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし
開催日: 2021年6月5日 ~ 2021年7月19日
開催場所: 住友コレクション 泉屋博古館

《紺木綿地立浪文字模様浴衣》 明治~大正時代(20世紀前半) 個人蔵

和装離れが進む現代においても、ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。ゆかたは、江戸時代に入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着しました。素材も麻から木綿へと変化する中で、「型染(かたぞめ)」や「絞(しぼ)り」など染めの技法が発達し、ゆかた独自の「いき」な図案が誕生します。
本展では、江戸時代のゆかたから、鏑木清方など近代の画家がデザインしたゆかた、昭和の人間国宝(重要無形文化財保持者)のゆかたなど、様々な作品をご紹介すると共に、染めに使われる型紙や当時の風俗を描く浮世絵など、素朴でありながら繊細さを兼ね備えたゆかたの魅力を、デザイン性と遊びの要素から紐解きます。
※前後期で大幅な展示替えを行います。
前期:6月5日~6月27日
後期:6月29日~7月19日 (最終日が月曜日ですが開館します)

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り