関西の博物館のイベント一覧
  • ひな人形の凧展

    【開催日】 2021年2月18日 ~ 2021年3月7日

    【開催場所】 世界凧博物館東近江大凧会館

    3月3日の「ひな祭り」にあわせて、ひな人形が描かれた凧31点を展示する「ひな人形の凧展」を開催します。 入口正面には、京都の凧の愛好家が制作した男雛、女雛、三人官女、五人囃子の凧が三段飾りで展示しています。また、豪華八…

    詳しくはこちら

  • 絵でよむ百人一首と源氏物語

    【開催日】 2021年3月8日 ~ 2021年4月11日

    【開催場所】 嵯峨嵐山文華館

    百人一首の世界を描いたかの様な、和歌に紐づく日本画の名品や歌仙絵。 また、百人一首に選ばれた歌人のひとりである紫式部に因んで、源氏物語に関係する屏風などを展示いたします。 千年以上の時を超えた魅力あふれる貴族文化の一端…

    詳しくはこちら

  • アートな科学 ★星あそび☆ ひかりの糸で描くと...☆彡

    【開催日】 2021年2月13日 ~ 2021年2月27日

    【開催場所】 キッズプラザ大阪

    キッズプラザ大阪に宇宙トンネルが出現するよ。 おおむかしの人は夜空にうかぶ星々をつないで星座を描いたんだって。 宇宙トンネルで発見した星を光る糸でつないでみよう。 どんな星座がうまれるかな?生まれた星座の中を泳いでみた…

    詳しくはこちら

  • フィリップ・ワイズベッカーが見た日本―大工道具、たてもの、日常品

    【開催日】 2021年2月13日 ~ 2021年5月9日

    【開催場所】 竹中大工道具館

    日常の風景の中にある何気ないものを、独特な感性で描くフィリップ・ワイズベッカー氏。今回は彼が日本滞在中にみつけて描いた作品を展示します。車留めや立ち入り禁止のために道路に置かれるバリア標識、トラックや建物、畳敷きの和室…

    詳しくはこちら

  • からだコーナーをめぐるスタンプラリー ドキドキBODYチャンス ハートのキーを手にいれよう

    【開催日】 2021年2月10日 ~ 2021年3月14日

    【開催場所】 キッズプラザ大阪

    5階科学コーナーに、からだコーナーをめぐるスタンプラリー「ドキドキBODYチャンス」がオープンするよ。 4つのあそびをクリアしたら、ハートの木から、勇気のしるし“ハートのかぎ”を手にいれよう! ※実施場所 5階からだコーナ…

    詳しくはこちら

  • 企画展「くらしのうつりかわり展 米づくりの春夏秋冬」

    【開催日】 2021年2月7日 ~ 2021年3月21日

    【開催場所】 明石市立文化博物館

    私たちは、春夏秋冬と季節に合わせた生活を、毎年くり返しながら過ごしています。米づくりも、春夏秋冬、イネの成長に合わせて行われます。イネの成長に合わせた季節ごとの作業と、作業の間に行われる祈りの行事。たくさんの良質な米を…

    詳しくはこちら

  • 特別企画展「大阪の近代化と町(ちょう)―水帳(みずちょう)から公文書へ―」

    【開催日】 2021年1月27日 ~ 2021年3月1日

    【開催場所】 大阪歴史博物館

    本展は、江戸時代の町人身分の共同体であった町が、明治以降の近代化の過程でどのように変化したのかを、土地台帳である水帳や町人間の土地売買に関する書類といった、もともとは町で作成され、町に保管されていた資料などで確認しなが…

    大阪市中地区町名改正絵図 明治9年(1876)頃 大阪歴史博物館蔵

    詳しくはこちら

  • 令和2年度冬季特別陳列「南河内の古代寺院と造営氏族」

    【開催日】 2021年1月23日 ~ 2021年3月28日

    【開催場所】 近つ飛鳥博物館

     古代国家形成に向かっていたわが国では、飛鳥時代、大和に古代寺院が建立されてほどなく、河内においても寺院の造営が開始されました。河内は当時の政治の中心であった大和への出入口にあたり、交通の要衝です。  この地の出身者に…

    新堂廃寺 素弁蓮華文軒丸瓦 富田林市教育委員会 蔵

    詳しくはこちら

  • 2021年前期連続講演会

    【開催日】 2021年4月10日 ~ 2021年6月5日

    【開催場所】 司馬遼太郎記念館

    4月から記念館で始まる前期「連続講演会」の講師、日程、演題が決まりました。この講演会は、年6回、前・後期3回ずつさまざまな分野から講師をお招きしています。講師の方々には、司馬遼太郎のことやご専門の話などを自由に語ってもら…

    詳しくはこちら

  • 特集展示「蒐集家・高島唯峰―明治期考古学の遺産―」

    【開催日】 2021年1月13日 ~ 2021年3月22日

    【開催場所】 大阪歴史博物館

     明治時代、日本の考古学はまだ古物趣味や珍品目当ての蒐集などと未分化な状態にありました。高島多米治(1866-1960、号:唯峰)は、そんな時代に関東地方を中心に採集活動を行った人物です。  高島は東京銀座で歯科医を営むかた…

    山形土偶
    茨城県稲敷市椎塚貝塚
    縄文時代後期後半(紀元前1800年)
    大阪歴史博物館蔵

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り