関西の美術館のイベント一覧
  • 【会期変更】田中一村展 奄美へとつづく道

    【開催日】 2021年5月8日 ~ 2021年6月6日

    【開催場所】 美術館「えき」KYOTO

    ※政府及び京都府の緊急事態宣言の発出を受けて、2021年4月25日(日)から当面の間、臨時休館とさせていただきます。最新の開館情報は、当館HPをご確認ください。 明治41(1908)年、木彫家の父のもとに生まれた田中一村(本名・孝たかし)…

    詳しくはこちら

  • 企画展「蒔絵の名品」

    【開催日】 2021年5月15日 ~ 2021年8月1日

    【開催場所】 清水三年坂美術館

     蒔絵は器面に漆で文様を描いた上に金粉・銀粉などを蒔いて定着させる漆工の加飾技法です。平安時代に基本的な技法が確立され、調度品から建築物にいたるまで、あらゆる器物や空間の装飾に用いられてきました。そして、幕末には爛熟期…

    詳しくはこちら

  • 開館25周年記念コレクション展 Ⅰ.洋画の表現・Ⅱ.織の造形

    【開催日】 2021年4月24日 ~ 2021年6月27日

    【開催場所】 田辺市立美術館

    ・休館日  毎週月曜日(但し5月3日は開館)・4月30日(金)・5月6日(木) ・開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで) ・観覧料  260円       ※学生及び18歳未満は無料。 本年度…

    詳しくはこちら

  • 小企画展 鈴木理策

    【開催日】 2021年4月24日 ~ 2021年6月27日

    【開催場所】 熊野古道なかへち美術館

    ・休館日  毎週月曜日(但し5月3日は開館)、4月30日(金)、5月6日(木) ・開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで) ・観覧料  260円 ・会場   熊野古道なかへち美術館展示室 ・主…

    詳しくはこちら

  • 薔薇と四季を彩る花々

    【開催日】 2021年6月2日 ~ 2021年8月29日

    【開催場所】 三木美術館

    多くの芸術家たちが四季折々の花をモチーフに作品を生み出してきました。中でも多くの作家が花の女王と呼ばれる薔薇をモチーフにしています。そんな薔薇をはじめ、百合や牡丹,梅,つつじなど季節を彩る花々を陶磁器と絵画で鑑賞していた…

    詳しくはこちら

  • 特別展 生誕130年記念 髙島野十郎展

    【開催日】 2021年4月17日 ~ 2021年5月30日

    【開催場所】 奈良県立美術館

    洋画家・髙島野十郎(1890-1975)は、徹底した写実による独自の画境、孤独と旅を愛した生涯を送った作家として、没後に光が当てられ、今日では幅広い人気を得ています。 本展では、2020年に生誕130年を迎えたこの作家の画業を紹介いたし…

    詳しくはこちら

  • 特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし

    【開催日】 2021年6月5日 ~ 2021年7月19日

    【開催場所】 住友コレクション 泉屋博古館

    和装離れが進む現代においても、ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。ゆかたは、江戸時代に入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着しました。素材も麻から木綿へと変化する中で、…

    《紺木綿地立浪文字模様浴衣》 明治~大正時代(20世紀前半) 個人蔵

    詳しくはこちら

  • 企画展「ムリーニの世界」

    【開催日】 2021年4月10日 ~ 2021年7月6日

    【開催場所】 KOBEとんぼ玉ミュージアム

    今展ではとんぼ玉やアートマーブルのパーツとして用いられ、またそれ自体も作品として、コレクターの垂涎の的でもあるムリーニに焦点を当てます。 ムリーニとは、ガラスを熔かしながら棒状に重ねて一つにし、引き伸ばすことで、金太郎…

    詳しくはこちら

  • 特別展 神業ニッポン 明治のやきもの-幻の横浜焼・東京焼-

    【開催日】 2021年3月20日 ~ 2021年6月6日

    【開催場所】 滋賀県立陶芸の森

    1859(安政6)年に横浜港が開港。開国を機に日本で近代の幕が開くと、横浜や東京には各地から陶磁関係の業者が集まり、工房や店を構えるようになります。全国の陶産地から素地を取り寄せ、外国人や海外への輸出向けの、絵付けや装飾を…

    詳しくはこちら

  • 特別展 鋳物(いもの)・モダン-花を彩る銅のうつわ-

    【開催日】 2021年3月13日 ~ 2021年5月16日

    【開催場所】 住友コレクション 泉屋博古館

     東アジアにおける金属工芸は、実に3000年の歴史のなかで育まれてまいりました。その原点は中国古代青銅器にありますが、宋時代以降、中国でその模倣品(ホウ古銅器)制作が発達し、書斎を飾る銅花器や銅香炉、さらには銅仏具などが流…

    龍流足芙蓉薄端 栄清 富山大学芸術文化学部(大郷コレクション)

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り