関西の美術館のイベント一覧
  • 特別企画「世界の形象土器」展

    【開催日】 2018年6月24日 ~ 2018年9月24日

    【開催場所】 滋賀県立陶芸の森

    世界の国々でつくられている土器は、自然の中の精霊や祖霊、あがめられる動物をうつわの模様や造形の一部に表現し、その土地の素材である粘土や独特の手法によって制作され、その国やその場所によってさまざまな姿を見せています。それ…

    詳しくはこちら

  • 開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒

    【開催日】 2018年6月30日 ~ 2018年8月26日

    【開催場所】 樂美術館

    真夜中の樂家。樂焼の窯は静かに炎を灯す。 硬い備長炭がパチパチと声を上げ、鞴から優しく柔らかな風が送られる。 月明かりの下、窯場の炎は凛とした空気に包まれている。 夜の冷たく澄んだ空気と、窯の暖かな炎が生み出す緊張感。…

    (C)樂美術館

    詳しくはこちら

  • 夏季特別展「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」

    【開催日】 2018年6月30日 ~ 2018年8月26日

    【開催場所】 MIHO MUSEUM

    子ども連れでも美術館を楽しんでほしい。大人も童心に帰って美術品と親しんでほしい。そんな願いを込めた当館初の体験型展覧会です。MIHO MUSEUMコレクションから選りすぐりの世界の古代美術、中世・近世の日本美術を、みんなが大好き…

    赤:みみずく土偶 余山貝塚 縄文時代後期(BC1300年頃)重要文化財 辰馬考古資料館蔵(撮影:藤森武)
    青:べス神形容器 エジプト 前7-前6世紀 MIHO MUSEUM蔵

    詳しくはこちら

  • 上村松篁展 夢見る楽園 ー下絵や素描から知る松篁の理想世界ー

    【開催日】 2018年6月12日 ~ 2018年9月2日

    【開催場所】 松伯美術館

     幼少の頃から、金魚や小鳥、花々や小さな生き物が大好きだった上村松篁。多くの動植物が共に生きる、調和のとれた平和で豊かな美しい楽園を常に求め表現しようとしていたことが松篁の若き日の素描から伝わってきます。当館所蔵の下絵…

    「鹿寄せ」昭和7年(1932)

    詳しくはこちら

  • 個展:『 Grateful 』近藤直美展

    【開催日】 2018年6月2日 ~ 2018年7月3日

    【開催場所】 KOBEとんぼ玉ミュージアム

    ガラスを始めてから15年、ずっと作品のテーマは「可愛らしさ」と「繊細さ」。 透明ガラスの中に柔らかな果実、摘まむとつぶれてしまいそうな蕾、花のはかない美しさを表現。 応援してくださるみなさんとのこれまでの出会いや大好きな…

    詳しくはこちら

  • 絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画

    【開催日】 2018年5月26日 ~ 2018年7月8日

    【開催場所】 住友コレクション 泉屋博古館

    日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡します。江戸中期には京にいた円山応挙がリアルな表現を導入した写生表現を打ちたて「…

    詳しくはこちら

  • 京のさきがけ

    【開催日】 2018年5月26日 ~ 2018年8月19日

    【開催場所】 清水三年坂美術館

     明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいました。粟田焼の錦光山宗兵衛は金彩色絵を施した薩摩金…

    《菊唐草文ティーセット》七代錦光山宗兵衛

    詳しくはこちら

  • 歌舞伎ワールドⅠ 役者で魅せる芝居入門

    【開催日】 2018年5月19日 ~ 2018年7月22日

    【開催場所】 阪急文化財団 逸翁美術館

    前期 :2018年5月19日(土)~6月17日(日) 後期 :2018年6月23日(土)~7月22日(日) 歌舞伎にまつわる言葉やモノは日常的によく知られていることも多いのですが、その由来は人々の意識から薄れてしまっているものもあります。…

    詳しくはこちら

  • コレクション展2018-春夏 特集 院展の画家たちⅡ/特集 庭園の眺め 高橋力雄の木版画

    【開催日】 2018年4月28日 ~ 2018年7月8日

    【開催場所】 和歌山県立近代美術館

     和歌山県立近代美術館のコレクション展では、日本画・洋画・彫刻・版画など、総数1万点を超える所蔵品を通じて幅広い美術の表現に接していただけるよう、季節ごとに展示を替え、特集コーナーも設けながら作品紹介を続けています。 …

    詳しくはこちら

  • 熊野古道なかへち美術館開館20周年記念展Ⅰ 渡瀬凌雲 ~渡米の前後で~

    【開催日】 2018年4月21日 ~ 2018年7月1日

    【開催場所】 田辺市立美術館

    田辺市立美術館では熊野古道なかへち美術館の開館20周年を記念して、父祖が田辺市中辺路町の出身である昭和の南画家、渡瀬凌雲(1904-1980)の画業を、渡米の前後に焦点を当てて振り返る展覧会を開催します。

    渡瀬凌雲_潮岬_1967

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り