関西の美術館のイベント一覧
  • 吉祥 ~2020年代の始まり~

    【開催日】 2019年11月20日 ~ 2020年2月16日

    【開催場所】 三木美術館

    今年の5月より『令和』となり新しい時代となりました。また来年は2020年代の幕開けとなる年が始まります。素晴らしい10年になりますよう祈念し、絵画・陶磁器の中で縁起のよい、またおめでたいモチーフを扱った作品を展示します。松竹…

    詳しくはこちら

  • 特別展「黄昏の絵画たち-近代絵画に描かれた夕日・夕景ー」

    【開催日】 2019年11月16日 ~ 2020年1月26日

    【開催場所】 神戸市立小磯記念美術館

     闇に包まれる前のひとときを、うつろいゆく空の色。一日の終わりを告げるとともに、繰り返し訪れる明日を予感させる黄昏時の情景は、いつの時代も人びとの心を魅了してきました。  西洋の絵画においては、夕陽の強い逆光のもと情感…

    ウジェーヌ・ブーダン《ブレスト、停泊地》1872年 愛媛県美術館

    詳しくはこちら

  • ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

    【開催日】 2019年11月23日 ~ 2019年12月25日

    【開催場所】 美術館「えき」KYOTO

    2002年から活動を始めたtupera tuperaは、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げます。紙を切って、さまざまな色と形で彩る…大人もクスッと笑ってしまうような仕掛け、ユーモアにあふれた作品を次々に発表。201…

    詳しくはこちら

  • 花と鳥の四季 -住友コレクションの花鳥画

    【開催日】 2019年10月26日 ~ 2019年12月8日

    【開催場所】 住友コレクション 泉屋博古館

     四季のうつろいの中に植物や鳥獣を描く花鳥画は、東洋絵画の大きな一角を占めてきました。ことに日本の近世ではじつに多様な展開をみせ、中世以来の伝統を受け継ぐ狩野派、デザイン感覚を発揮した琳派、自由な筆づかいで本質にせまる…

    詳しくはこちら

  • 特集展「受贈記念 辻井コレクション 灯火具―ゆらめくあかり」

    【開催日】 2019年10月26日 ~ 2019年12月8日

    【開催場所】 大阪市立東洋陶磁美術館

    灯火具とは、あかりを灯すための道具です。電灯が使われるようになるまで、油や蝋燭(ろうそく)を燃焼させる灯火具が長らく人々の生活を支えてきました。江戸時代以降、菜種油などの植物油が一般に普及すると、油を用いる灯火具の器形は…

    染付福禄寿文燭台(そめつけ ふくろくじゅもん しょくだい)
    江戸時代後期・19世紀
    東山焼
    高:48.5㎝
    辻井正・由紀子氏寄贈

    詳しくはこちら

  • 文人画コレクション展 文人画にみる心象風景

    【開催日】 2019年10月12日 ~ 2019年11月24日

    【開催場所】 田辺市立美術館

    江戸時代中期に黄檗の禅僧によりもたらされた中国の新しい文物や南宗画をはじめとする詩画は、わが国独自の文人画と呼ばれる絵画様式として形成されていきました。文人画家たちが描いた風景画は「写意(意を写す)」と呼ばれる想像上の…

    詳しくはこちら

  • 没後60年特別展「北大路魯山人 古典復興ー現代陶芸をひらくー」

    【開催日】 2019年9月14日 ~ 2019年12月1日

    【開催場所】 滋賀県立陶芸の森

    明治時代以降の日本の陶磁器は、江戸後期に発達したを引き継ぎながら次第に近代的な個性のある作風を目指しました。大正から昭和前期にかけての時代には中国、朝鮮および日本の古陶磁に注目する陶芸家たちが現れるようになります。それ…

    詳しくはこちら

  • 秋季特別展 「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美」

    【開催日】 2019年9月14日 ~ 2019年12月15日

    【開催場所】 MIHO MUSEUM

    岡山県備前市の伊部地域を中心に生産されてきた備前焼は、釉薬を施さないシンプルで原始的な〝焼き締め〟で焼成されるやきものです。その土と炎から生み出される造形は、古くから日本人に愛されてきました。「窯変(ようへん)」「緋襷(…

    徳利 銘 トシワスレ 桃山時代 16-17世紀

    詳しくはこちら

  • 池田市制80周年記念 画家「呉春」―池田で復活!

    【開催日】 2019年9月14日 ~ 2019年12月18日

    【開催場所】 阪急文化財団 逸翁美術館

    江戸後期、四条派の祖となった画家「呉春」(1752~1811)は、京都で金座の役人を代々継ぐ、松村家に生まれました。初め与謝蕪村に師事して松村月渓と名乗り、俳諧や作画に才能を顕します。そうした中、ある年、妻と父とを続けて亡くす…

    詳しくはこちら

  • 企画展『とんぼ玉展覧2019』

    【開催日】 2019年9月14日 ~ 2020年1月7日

    【開催場所】 KOBEとんぼ玉ミュージアム

    とんぼ玉とは、ランプワーク技法で作られた穴の開いたガラスの装飾玉のこと。 古代より時空を超えて「装い飾る」「護符として身を守る」「交易に用いる」「鑑賞する」などさまざまな目的に用いられてきました。恒例となる本展では、と…

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り