• 関西TOPページ
  • 関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2018年10月27日)

関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2018年10月27日)
  • 2018年後期連続講演会

    【開催日】 2018年10月27日 ~ 2018年12月8日

    【開催場所】 司馬遼太郎記念館

    各分野の方々が、司馬遼太郎のことからさまざまな話題を展開、縦横に語ります。 まるで対話しているような、小さなホールならではのぜいたくな講演会にぜひご参加ください。 【後期の講演会日程】 10月27日(土) 安部龍太郎氏(作…

    詳しくはこちら

  • 百貨店で花開く ―阪急工美会と近代の美術家たち―

    【開催日】 2018年10月27日 ~ 2018年12月9日

    【開催場所】 阪急文化財団 逸翁美術館

    明治以後、多くの博覧会が国内外で開催され、日本の美術工芸品に対する評価は高まりを見せていました。大阪・東京などにあった百貨店では、明治から昭和の初め頃にかけて、美術部を中心にさまざまな美術や工芸の展覧会が企画され開催さ…

    詳しくはこちら

  • 海をわたったコウノトリの大冒険「げんきくん物語」が刊行されました

    【開催日】 2018年10月27日 ~ 2018年12月31日

    【開催場所】 兵庫県立コウノトリの郷公園

    9月15日、児童書「海をわたったコウノトリの大冒険 げんきくん物語」が兵庫県立コウノトリの郷公園園長 山岸哲により刊行されました。 福井県で誕生し、全国各地へ飛来、海を越え韓国・北朝鮮まで飛来したコウノトリ「げんきくん」の…

    詳しくはこちら

  • 2018年特別企画 東北の凧シリーズ1 青森・岩手・宮城

    【開催日】 2018年10月25日 ~ 2018年11月26日

    【開催場所】 世界凧博物館東近江大凧会館

    青森県、岩手県、宮城県の凧:31点を紹介する東北の凧シリーズ1を開催します。青森県はねぶた絵のように勇壮な武者絵が描かれた津軽凧、歌舞伎絵が多い青森凧、ダルマが描かれた本郷凧などを展示します。岩手県は盛岡の凧研究家が古…

    詳しくはこちら

  • 江崎記念館特別展「平成のグリコのおもちゃ」展

    【開催日】 2018年10月22日 ~ 2019年4月30日

    【開催場所】 江崎記念館(江崎グリコ)

     1987年に34年振りにグリコが「角型」から「ハート型」として復活。翌年1988年、「母と子のコミュニケーション」をテーマにしたシンプルなおもちゃの入った「100円グリコ」が発売されました。  木のおもちゃデザイナー・加藤裕三氏…

    グリコ絵本

    詳しくはこちら

  • 秋季特別展Ⅱ「百の手すさび 近代の茶杓と数奇者往来」

    【開催日】 2018年10月20日 ~ 2018年12月2日

    【開催場所】 MIHO MUSEUM

    茶杓とは、茶器に入った抹茶を掬い、茶碗に入れるための茶道具の一種です。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、「茶杓は人なり」と称せられ、古くから大切に扱われてきました。そのシンプルな形ゆえに、作る人の美意識や人柄が…

    益田鈍翁作 茶杓 歌銘「年暮」 昭和13年(1938) 展示:全期間

    詳しくはこちら

  • 平成30年度秋季特別展「キミそっくりな古代人がいたよ―原始・古代の人物表現―」

    【開催日】 2018年10月20日 ~ 2018年12月2日

    【開催場所】 滋賀県立安土城考古博物館

     滋賀県では、縄文時代の土偶や弥生時代の木偶、土偶形容器、古墳時代の人物埴輪など、原始・古代の人物を表現した各種の考古資料が出土しています。  これらを近畿や東海地方の出土資料と比較して、各時代の人物表現の違いや連続性…

    平成30年度秋季特別展「キミそっくりな古代人がいたよ―原始・古代の人物表現―」チラシ

    詳しくはこちら

  • パンジー・ビオラフェア

    【開催日】 2018年10月13日 ~ 2018年12月27日

    【開催場所】 あいあいパーク

    花色も豊富で、春まで豪華に咲き続ける丈夫で育て易いパンジー・ビオラの入荷がスタートいたします。また、地元生産の驚くほど株のしっかりした「花美人」ブランドのパンジー・ビオラはあいあいパークのイチオシの花苗です。是非一度育…

    詳しくはこちら

  • 野長瀬晩花 -国衙創作協会の画家たちとともに-

    【開催日】 2018年10月6日 ~ 2018年11月25日

    【開催場所】 田辺市立美術館

    野長瀬晩花(本名・弘男)は、1889(明治22)年に現在の田辺市中辺路町に生まれた画家で、主に大正から昭和にかけて活躍しました。 13歳から大阪に出て日本画を学び、その後京都に移って、1909(明治42)年に京都市立絵…

    詳しくはこちら

  • 鈴木昭男 -内在-

    【開催日】 2018年10月6日 ~ 2018年11月25日

    【開催場所】 熊野古道なかへち美術館

    日本におけるサウンド・アートの先駆者として知られる鈴木昭男(1941― 平壌生まれ/京都府京丹後市在住)は、1960年代から常に「聴く」側にまわり、音と場の関わり方を模索する姿勢によって、音のイベントやパフォーマンス、インスタ…

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り