• 関西TOPページ
  • 関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2020年02月21日)

関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2020年02月21日)
  • ひな人形の凧展

    【開催日】 2020年2月20日 ~ 2020年3月15日

    【開催場所】 世界凧博物館東近江大凧会館

     3月3日の「ひな祭り」にあわせて、ひな人形が描かれた凧31点を展示する「ひな人形の凧展」を開催します。  男雛、女雛、三人官女、五人囃子が描かれた凧10点がひとつになり段飾りを表した連凧、和紙に男雛、女雛などが描かれた…

    詳しくはこちら

  • 『自然を見つめる』 同時開催 『唐津-KARATSU-』

    【開催日】 2020年2月19日 ~ 2020年5月17日

    【開催場所】 三木美術館

    絵画では、様々な画家が描く自然の風景をご紹介。威風堂々とした自然の姿を畏敬の念を持って描いた作品、また、日本古来の美しい自然を優しい静かなまなざしで描いた作品など、常に変貌していく自然の一片を見ることができます。作家に…

    岡田三郎助《夏桃の花》

    詳しくはこちら

  • クリスマスローズ展

    【開催日】 2020年2月15日 ~ 2020年3月8日

    【開催場所】 姫路市立手柄山温室植物園

    色とりどりのクリスマスローズが勢揃い! 横山園芸、松村園芸、童仙房ナーセリー&ガーデンの3社協力により、原種から最新品種まで 約30種200点以上を展示します。 5枚の花びらのようにみえるのは「ガク」です。5枚のガクは「5ガ…

    詳しくはこちら

  • 明石市制施行100周年記念 企画展「くらしのうつりかわり展 子どもの頃の記憶」

    【開催日】 2020年2月9日 ~ 2020年3月22日

    【開催場所】 明石市立文化博物館

    今回の「くらしのうつりかわり展」は「子どもの頃の記憶」と題して、昭和時代を中心に、子どもの目線から昔の暮らしを振り返ろうとするものです。2019年は「平成」から「令和」と時代がうつりかわり、明石市も市制100周年を迎えるなど…

    詳しくはこちら

  • 第61回企画展「安土・桃山時代の近江展―琵琶湖文化館収蔵品を中心に―」

    【開催日】 2020年2月8日 ~ 2020年4月5日

    【開催場所】 滋賀県立安土城考古博物館

    文化財の宝庫である滋賀県。本県に伝来した文化財を多数収蔵している琵琶湖文化館は、滋賀の歴史と文化を語るうえで欠かすことのできない存在です。現在は休館している琵琶湖文化館の収蔵品のなかから、安土・桃山時代の優品にスポット…

    第61回企画展「安土・桃山時代の近江展」チラシ

    詳しくはこちら

  • 展覧会・講座・講演会

    【開催日】 2020年2月8日 ~ 2020年4月19日

    【開催場所】 奈良県立万葉文化館

    【展覧会情報】----------------------------------------------------------------------- 館蔵品展 「万葉コレクション展」 2020年2/8(土)~4/19(日) 本展では、万葉日本画大賞展での受賞作品や、今までに当館へ寄贈いただいた日…

    詳しくはこちら

  • 第27回 梅見会

    【開催日】 2020年2月7日 ~ 2020年3月1日

    【開催場所】 神戸市立須磨離宮公園

    第27回 梅見会 期間:2020年2月7日(金)~3月1日(日) 早咲きの八重寒紅(やえかんこう)、玉牡丹(ぎょくぼたん)から遅咲きの豊後(ぶんご)まで約25種160本のウメが約1カ月にわたって次々と開花していきます。ニホンズイセンや菜の…

    詳しくはこちら

  • アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展

    【開催日】 2020年2月7日 ~ 2020年3月2日

    【開催場所】 美術館「えき」KYOTO

    1986年、少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えます。 明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常を描き、放送時間…

    詳しくはこちら

  • コレクション企画展示「人形(ひと)を描くー小磯良平と西洋人形」

    【開催日】 2020年2月6日 ~ 2020年4月5日

    【開催場所】 神戸市立小磯記念美術館

    「人形はそこに置いておけば、人間とちがって勝手に動くこともないし、都合が良い」 小磯良平が人形について語るこの言葉からは、動かない「静物」である人形を、「人間」のモデルのように描こうとしている場面が想像されます。本展で…

    小磯良平《人形の頭部》 1984年 リトグラフ・紙 小磯記念美術館蔵

    詳しくはこちら

  • 心の古里 古赤膚焼 木漏れ日庵 辻井コレクション 「幕末の名工 奥田木白150回忌記念『奥田木白 名品茶碗の世界Ⅴ』」

    【開催日】 2020年2月1日 ~ 2020年2月24日

    【開催場所】 なら工藝館

    内容…奥田木白は、江戸末期から明治初頭に活躍した陶芸家で、赤膚焼中興の祖と呼ばれる名工です。当展は、木白が研鑽を重ね、魂を込めて作陶した多種多様な芸術の世界を名品茶碗で紹介します。(全75点、うち奥田木白作品40点 予…

    ※左上から時計回りに「柿釉富士茶碗」、「珠光青磁茶碗」、「秋草画茶碗」、「鉄絵海老画茶碗」(各 奥田木白)

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り