• 関西TOPページ
  • 関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2020年12月28日)

関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2020年12月28日)
  • 冬季特別展「生誕130周年記念 堂本印象展」

    【開催日】 2020年12月19日 ~ 2021年1月31日

    【開催場所】 明石市立文化博物館

    堂本印象(1891-1975)は、京都に生まれ、大正・昭和期の美術界を牽引した日本画家です。画業前期は古典や仏教を主題に、繊細な筆致の作品で見る人を魅了しました。戦後はヨーロッパ諸国をめぐり、西洋絵画からも影響を受けたモダンな作…

    《木華開耶媛》(部分)1929年 京都府立堂本印象美術館蔵

    詳しくはこちら

  • 堀内ゑびすコレクション展 「withゑびす ‐くらしの中の福の神‐」

    【開催日】 2020年12月9日 ~ 2021年1月17日

    【開催場所】 白鹿記念酒造博物館

    西宮神社の「十日えびす」に合わせた毎年恒例の堀内ゑびすコレクション展。 今回は生活に使う様々なものの中に取り入れられた、えびす神を代表とする福の神の姿をご紹介いたします。 商売繁盛で豊かな生活がしたい、元気で長生きした…

    詳しくはこちら

  • 企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」

    【開催日】 2020年11月21日 ~ 2021年1月24日

    【開催場所】 龍谷大学 龍谷ミュージアム

    概要: 岡山県は、古代には「吉備国」と呼ばれ、大和や出雲に並ぶ一大勢力を築いていたことが知られています。その歴史を背景に、岡山県では古くから宗教文化が豊かに育まれてきました。密教や浄土信仰との関わりも深く、鎌倉時代には…

    展覧会ポスター

    詳しくはこちら

  • 開館20周年記念展「村田理如 蒐集の軌跡 Ⅰ」

    【開催日】 2020年11月21日 ~ 2021年2月7日

    【開催場所】 清水三年坂美術館

    清水三年坂美術館は幕末・明治期の七宝、金工、蒔絵、京薩摩などを常設展示する日本で初めての美術館として2000年に開館しました。当館で展示する作品は全て館長の村田理如が30年以上にわたって蒐集したものであり、今や再現不可能とも…

    詳しくはこちら

  • 開館20周年記念展「村田理如 蒐集の軌跡 Ⅰ」

    【開催日】 2020年11月21日 ~ 2021年2月7日

    【開催場所】 清水三年坂美術館

    清水三年坂美術館は幕末・明治期の七宝、金工、蒔絵、京薩摩などを常設展示する日本で初めての美術館として2000年に開館しました。当館で展示する作品は全て館長の村田理如が30年以上にわたって蒐集したものであり、今や再現不可能とも…

    詳しくはこちら

  • 特別展「黒田泰蔵」

    【開催日】 2020年11月21日 ~ 2021年7月25日

    【開催場所】 大阪市立東洋陶磁美術館

    黒田泰蔵さんの白は、真理を求めてやまない心の色である。 ―安藤忠雄 黒田泰蔵(1946-)は、静謐な白磁の造形で世界的に知られています。20歳でパリに渡り、1967年にカナダで陶芸に出会った黒田は、帰国後の1982年に初個展を開催し…

    黒田泰蔵

    2019年
    白磁
    高15.1cm 径16.5cm
    イセ文化基金所蔵
    Photograph by T. MINAMOTO

    詳しくはこちら

  • 特集展「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」

    【開催日】 2020年11月21日 ~ 2021年7月25日

    【開催場所】 大阪市立東洋陶磁美術館

    17世紀後半の有田において、主に輸出向け製品としてつくられた柿右衛門様式とよばれる磁器は、丁寧に成形された姿と、乳白色の素地、余白をとりながら愛らしく生き生きと描かれた動植物などの色絵による図様を特徴とします。中国磁器の…

    色絵 梅鶉文 輪花小皿(いろえ うめうずらもん りんかこざら)
    江戸時代・1670-1690年代
    肥前・有田窯(柿右衛門様式)
    (左)高3.0㎝、口径13.5㎝ (右)高3.0㎝、口径13.4㎝ 
    Yumeuzurasコレクション
    写真:野村淳

    詳しくはこちら

  • 「染付 麗しの青」「冬の風景 そして春へ」

    【開催日】 2020年11月18日 ~ 2021年2月28日

    【開催場所】 三木美術館

    陶磁器では藍色が美しい染付の作品を、姫路生まれの東山焼を中心にご紹介。染付は中国を起源とし、白素地に酸化コバルトを主成分とした絵具の呉須で絵付けをし、その上から透明釉をかけて焼成したものをいいます。日本では江戸初期より…

    東山焼 染付人物文瓢形酒瓶

    詳しくはこちら

  • キャンドルホルダー制作体験

    【開催日】 2020年11月14日 ~ 2021年3月7日

    【開催場所】 黒壁スクエア

    お好きな板ガラスパーツを、ハンダでつなぎ合わせて組み立てるステンドグラス制作体験。 期間限定アイテムとして、『キャンドルホルダー』を開催しております。 初めての方でも簡単に作れますので、ぜひお気軽にご参加ください。 …

    (c)KUROKABE Corporation

    詳しくはこちら

  • 特集展示「大阪の灯火具」

    【開催日】 2020年11月11日 ~ 2021年1月11日

    【開催場所】 大阪歴史博物館

     人類が最初に得た明かりは落雷など自然発生的な火でしたが、発火道具の発明と燃料の確保により、人々は自由に明かりを使えるようになりました。明かりは人々の夜間活動を可能にし、灯火具の普及はまちの繁栄をしめす一つの要素となり…

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り