• 関西TOPページ
  • 関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2021年07月17日)

関西のお出かけ・デートスポット・遊び場のイベント一覧(2021年07月17日)
  • 夏季特別展「蒔絵の時代―高台寺蒔絵と名工の誕生―」

    【開催日】 2021年7月17日 ~ 2021年8月22日

    【開催場所】 MIHO MUSEUM

     蒔絵とは、漆で絵や模様を描いて金粉などを蒔き、固化させた後に再び漆を塗って安定させ、磨いたり研ぎ出したりして漆器の表面を装飾する技法です。正倉院宝物にその初源的な技法(※1)が見られ、平安時代には日本独自の発達を遂げ…

    重要文化財 紫宸殿蒔絵硯箱 江戸時代 17世紀 個人蔵

    詳しくはこちら

  • ティラノサウルス展  T. rex 驚異の肉食恐竜

    【開催日】 2021年7月17日 ~ 2021年9月5日

    【開催場所】 ATC

    ティラノサウルスの全身復元骨格5体が集結! 映画などに度々登場し、最も人気のある肉食恐竜であるティラノサウルスを、あらゆる角度から分析する。 5体の全身復元骨格を展示するほか、トリケラトプスなど共に戦いを繰り広げていた…

    詳しくはこちら

  • 特別展 ミイラ 「永遠の命」を求めて

    【開催日】 2021年7月10日 ~ 2021年9月26日

    【開催場所】 ATC

    世界中から42体のミイラが集結! 南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本のミイラ、総数42体が一堂に会することで、それぞれの背景にある死生観や文化の違いを知ることができます。 最新科学によって明らかになったミイラの実…

    詳しくはこちら

  • 自分だけのあずきを育てよう! ※こちらのイベントは好評につき定員となりました

    【開催日】 2021年7月10日 ~ 2021年11月30日

    【開催場所】 あずきミュージアム

    ※こちらのイベントは好評につき定員となりました。 7月の種まきから11月の収穫まで、あずきを一緒に育ててもらう体験企画です。 第1回~第3回までご参加いただける方のみお申し込みください。 所要時間は各回30分です。 入館料…

    種まき体験の様子(イメージ)

    詳しくはこちら

  • 特別展「あやしい絵展」

    【開催日】 2021年7月3日 ~ 2021年8月15日

    【開催場所】 大阪歴史博物館

     明治期に政治、経済、文化、思想といったあらゆる方面において西洋から制度、知識、技術がもたらされるなか、美術界では、西洋美術の技法の本格的な導入と発展、西洋の思想に裏打ちされたさまざまな表現が創出されました。  その…

    詳しくはこちら

  • 特別展 ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡

    【開催日】 2021年6月26日 ~ 2021年8月29日

    【開催場所】 奈良県立美術館

    芸術家、詩人、作家、思想家、社会運動家など、多彩な分野で活躍したウィリアム・モリス(William Morris 1834~1896)は、19世紀のイギリスを代表する偉人として知られています。モダン・デザインの父とも称され、芸術と生活の統一を…

    モダン・デザインの父と称される才人ウィリアム・モリス。その生涯と軌跡をたどる。

    詳しくはこちら

  • 企画展「藤岡和泉―ユネスコ無形文化遺産・長浜曳山祭を造った大工のすべて―」

    【開催日】 2021年6月12日 ~ 2021年7月31日

    【開催場所】 曳山博物館

    ■会 場  第1会場:長浜市長浜城歴史博物館、第2会場:長浜市曳山博物館(2館共催) ■主 催  長浜市、長浜曳山文化協会 ■特別協力 一般社団法人濱壇保存会  平成29年(2016)ユネスコ無形文化遺産に登録され、長浜が…

    詳しくはこちら

  • 企画展「もうひとつの世界」

    【開催日】 2021年6月8日 ~ 2021年7月18日

    【開催場所】 和歌山県立近代美術館

    美術作品は、いまとは異なる時代、こことは違う場所へとつながる扉を開く鍵となります。例えば、いまはいない人が残した作品から、当時の人の思考や社会を知ることができます。また違う国の人が作った作品から、自分とは異なる価値観や…

    詳しくはこちら

  • 特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし

    【開催日】 2021年6月5日 ~ 2021年7月19日

    【開催場所】 住友コレクション 泉屋博古館

    和装離れが進む現代においても、ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです。ゆかたは、江戸時代に入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着しました。素材も麻から木綿へと変化する中で、…

    《紺木綿地立浪文字模様浴衣》 明治~大正時代(20世紀前半) 個人蔵

    詳しくはこちら

  • 薔薇と四季を彩る花々

    【開催日】 2021年6月2日 ~ 2021年8月29日

    【開催場所】 三木美術館

    多くの芸術家たちが四季折々の花をモチーフに作品を生み出してきました。中でも多くの作家が花の女王と呼ばれる薔薇をモチーフにしています。そんな薔薇をはじめ、百合や牡丹,梅,つつじなど季節を彩る花々を陶磁器と絵画で鑑賞していた…

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関西の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り