蘆花恒春園
東京都世田谷区粕谷1
  • 口コミを投稿

  • お気に入りに登録

「不如帰」「自然と人生」「みみずのたはこと」などの名作で知られる明治・大正期の文豪、徳冨蘆花(健次郎)と愛子夫人が、後半生を過ごした住まいと庭、それに蘆花夫妻の墓地を中心とした旧邸地部分とその周辺を買収してつくられました。昭和11年の蘆花没後10周年忌に際し、愛子夫人から当時の家屋、耕地など旧邸地の一切が東京市に寄贈され、市では昭和13年、夫人の意向に沿って、武蔵野の風景を保存し、公園として公開を開始しました。これらの建物は老朽化により昭和58年~60年度にかけて改修を行い、「徳冨蘆花旧宅」として、昭和61年3月10日東京都の史跡に指定されました。(引用元:東京都公園協会)

写真をもっと見る

イベント情報

  • 蘆花恒春園開園80年&徳冨蘆花生誕150年記念スタンプラリー
    2018年1月4日 ~ 2018年12月28日

    2018(平成30)年は、都立蘆花恒春園開園80年および徳冨蘆花生誕150年を迎えます。 蘆花恒春園の四季折々の植物をスタンプにしました。 図柄は全部で12種類、月替りでご用意します。 毎月ご来園いただき、ぜひ“コンプリート”に…

    イベントの詳細はこちらから

基本情報

※情報は変更等がございますので、必ずおでかけされる前に公式サイトなどでご確認いただきますようお願いいたします

施設名 蘆花恒春園
ホームページ http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index007.html
住所 東京都世田谷区粕谷1
問い合わせ 03-3302-5016
料金 無料
営業時間 9:00~16:30(恒春園区域)徳冨蘆花旧宅・蘆花記念館は16:00まで
開放公園区域は24時間開園
定休日 12/29~1/3(恒春園区域のみ)
開放公園区域は無休
交通 電車:
京王線芦花公園駅または八幡山駅より徒歩15分
京王線「千歳烏山」、小田急線「千歳船橋」間のバス(京王バス)で、
「芦花恒春園」下車 徒歩7分
駐車場 料金:1時間まで300円、以後30分毎に100円
台数:44台
その他
カテゴリー
小エリア
こだわり条件

周辺施設を地図で探す

  便利な弊社SNSはこちらから

  関東の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り