関東の美術館のイベント一覧

都道府県で絞り込む

  • 岡本太郎美術館 Taro バースデーコンサート

    【開催日】 2018年2月24日

    【開催場所】 川崎市岡本太郎美術館

    岡本太郎の誕生日(2月26日)を祝って、コンサートを開催します。多彩なプログラムをお楽しみください。 日時:2018年2月24日(土) 開場13:30~ 開演14:00~ 出演:熊谷仁士(トランペット)、常山こずえ(フルート)、竹下久美…

    詳しくはこちら

  • 花と鳥

    【開催日】 2018年3月1日 ~ 2018年4月23日

    【開催場所】 早稲田大学 會津八一記念博物館

    日本・中国・朝鮮半島の絵画と陶磁器、漆芸品などの工芸品から、花と鳥の画題・意匠のものを選び、新たな春学期を迎えるのにふさわしい、華やかな彩りの作品を展示します。

    色絵花鳥図蓋付大壺 伊万里 江戸時代

    詳しくはこちら

  • くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質

    【開催日】 2018年3月3日 ~ 2018年5月6日

    【開催場所】 東京ステーションギャラリー

    国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954~)。古今東西の思想に精通し、「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30年に及ぶプロジェクトを集大成して展観します。本展では特に、隈が…

    詳しくはこちら

  • 特集展示 生誕110年 人、鶴岡政男

    【開催日】 2018年2月10日 ~ 2018年3月25日

    【開催場所】 高崎市美術館

    群馬県高崎市出身の画家、鶴岡政男(1907-1979)は、戦争体験や友人である靉光(あいみつ)、松本竣介の死の影、みずからの生活苦の中、絶えず人をみつめ、人そのものを描き続けました。1930年代より日本近代、さらには同時代美術を鋭い…

    《春の野》1976年 油彩・キャンバス 群馬県立館林美術館蔵

    詳しくはこちら

  • 第7回土曜講座「清宮質文の静かなる世界」

    【開催日】 2018年3月10日

    【開催場所】 茨城県つくば美術館

    平成23年度の「木村武山の芸術展」(天心記念五浦美術館)開催時の作品調査では発見されなかった個人所蔵家の優品を一堂に集め,武山芸術の魅力の一端を紹介する企画展「秘蔵の木村武山展」(2/9~/22)の出品作品を紹介します。 講師:中田…

    詳しくはこちら

  • くらしの魅力~「それ、いいね!」~

    【開催日】 2018年2月1日 ~ 2018年4月1日

    【開催場所】 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

    当館では、世界や日本各地の風景を描いた作品を所蔵しています。本展ではその中から、その場所ならではの「くらしの魅力」が感じられる作品をご紹介します。作品をとおして、それぞれの場所の雰囲気を味わってみてください。 休館日…

    児島善三郎《静物》

    詳しくはこちら

  • 福沢一郎 反骨と諧謔

    【開催日】 2018年2月1日 ~ 2018年7月22日

    【開催場所】 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

    福沢一郎のおよそ65年に及ぶ画業において、その根底を支えていたものは、「反骨(=権威や権力などに抵抗する気骨のこと)」と「諧謔(=しゃれや滑稽、ユーモア)」(かいぎゃく)の精神だったと言えます。これらの精神は、社会風刺な…

    福沢一郎《悪のボルテージが上昇するか21世紀》1986年

    詳しくはこちら

  • 館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ

    【開催日】 2018年1月30日 ~ 2018年5月20日

    【開催場所】 松岡美術館

    江戸時代初期17世紀の初めに肥前有田で誕生した磁器は、17世紀半ばから約100年にわたって伊万里港から海外へと盛んに輸出されました。それらは、中国陶磁に代わる品としてオランダ東インド会社が大量に注文したものでした。 乳白色の…

    詳しくはこちら

  • 館蔵 日本画展 人、動物、自然

    【開催日】 2018年1月30日 ~ 2018年5月20日

    【開催場所】 松岡美術館

    日本画の伝統を継承しつつも、近代感覚を取り入れ新しい表現を模索していった明治の画家たちの作品から、独自の境地を開いた昭和の作家による額装作品まで、会期中一部展示替えを行い前・後期ともに約30点を展観します。 古今の人物画…

    詳しくはこちら

  • 開館15周年記念特別展〈小江戸文化シリーズ〉4 生誕130年 小村雪岱―「雪岱調」のできるまで―

    【開催日】 2018年1月20日 ~ 2018年3月11日

    【開催場所】 川越市立美術館

     当館の開館15周年を記念し、川越ならではの特色のある展示を試みる〈小江戸文化シリーズ〉の第四弾として、川越に生まれ、装釘・舞台装置・挿絵など多分野で才能を発揮した小村雪岱(1887-1940)の展覧会を開催いたします。    …

    《春告鳥》昭和7年(1932)頃 絹本着色 個人蔵

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関東の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り