関東の美術館のイベント一覧

都道府県で絞り込む

  • 2025年大阪万博開催決定記念「ファンタジック TARO」

    【開催日】 2019年1月18日 ~ 2019年4月26日

    【開催場所】 川崎市岡本太郎美術館

    岡本太郎は絵画や彫刻などを制作すると同時に、日常の中で使われるインテリアのデザインも手がけています。その活動は生涯を通して続けられ、家具や食器、服飾、時計、こいのぼりまで、様々な“遊び”心にあふれた生活用品が生み出され…

    詳しくはこちら

  • 東京駅で建築講座 2

    【開催日】 2019年1月25日 ~ 2019年1月27日

    【開催場所】 東京ステーションギャラリー

    東京ステーションギャラリーは東京駅丸の内駅舎で活動する美術館として、建築に関わるさまざまな普及活動を行なってまいりました。その一環として「東京駅で建築講座」は2018年に休館中の展示室を活用して始まりました。2回目となる今…

    詳しくはこちら

  • 岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

    【開催日】 2019年1月26日 ~ 2019年4月7日

    【開催場所】 東京都庭園美術館

     1950年代に彗星のごとく登場した岡上淑子は、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出され、写真媒体を活用したフォトコラージュ作品によってその比類ない才能を開花させました。1950年から56年までの極限られた期…

    《夜間訪問》 東京国立近代美術館蔵 (C)Okanoue Toshiko

    詳しくはこちら

  • 初期伊万里-大陸への憧憬-展

    【開催日】 2019年1月8日 ~ 2019年3月24日

    【開催場所】 戸栗美術館

     日本初の国産磁器として佐賀・有田で誕生した伊万里焼。誕生した1610年代から、1630年代頃までの草創期の作品群を「初期伊万里」と呼んでいます。伊万里焼は、朝鮮出兵(1592~93/1597~98年)の際、製磁技術を持った朝鮮人陶工を連れ…

    詳しくはこちら

  • 常設展示内 特集「朝倉摂のデッサン」

    【開催日】 2019年1月4日 ~ 2019年3月6日

    【開催場所】 台東区立朝倉彫塑館

    朝倉文夫の長女 摂の初期のデッサンを特集展示します。

    朝倉摂《自画像》1945年

    詳しくはこちら

  • 常設展示内 特集「朝倉の猫―総選挙結果発表―」

    【開催日】 2019年1月4日 ~ 2019年3月6日

    【開催場所】 台東区立朝倉彫塑館

    2017年度特別展「猫百態」展内で開催したAKN(朝倉の猫)総選挙のブロンズ編上位10作品を展示します。

    人気作品《仔猫の群》は第3位。
    第1位は!?

    詳しくはこちら

  • チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション

    【開催日】 2019年2月8日 ~ 2019年3月24日

    【開催場所】 八王子市夢美術館

    現在チェコを中心に活躍する糸あやつり人形作家の佐久間奏多、糸あやつり人形をはじめ舞台や人形を中心とした造形作家の林 由未とバーラ・フベナー、それらの分野に加えアート・トイも手掛けるミロスラフ・トレイトナルの作品を主に春…

    佐久間奏多《ルージュ ズ マネージェ(舞台の薔薇〈サーカスの女の子〉)》

    詳しくはこちら

  • 美術講演会「法隆寺金堂壁画 修復再現事業を知る」 

    【開催日】 2019年2月9日

    【開催場所】 茨城県つくば美術館

    1月26日は文化財防火デー。その制定のきっかけとなったのは, 昭和24年1月26日の未明に起きた法隆寺金堂の火災です。 それにより焼損した金堂内部の壁面に描かれていた仏教絵画は,昭和45年の再現事業で蘇りました。安田靫彦,前田青邨,…

    詳しくはこちら

  • 「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

    【開催日】 2019年2月15日 ~ 2019年4月14日

    【開催場所】 川崎市岡本太郎美術館

    時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。 岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、 現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立され ました。 今年で22回目をむかえる本…

    詳しくはこちら

  • 所蔵作品展 近代工芸の名品― [特集展示] 棗にまつわるエトセトラ

    【開催日】 2018年12月21日 ~ 2019年2月11日

    【開催場所】 東京国立近代美術館工芸館

    棗(なつめ)は、掌の中におさまる大きさ、軽さや手触りから、身近な茶道具の一つです。これまで多くの茶人の好みを反映して、さまざまな形が生み出されてきました。一方で、優れた形は、整理・洗練され、利休形のように、大きさや形が…

    詳しくはこちら

  便利な弊社SNSはこちらから

  関東の注目トピックスはこちらから



  その他のカテゴリーはこちらから

  • 最近見た施設
  • お気に入り